施工項目/イタリアンスタッコ(イタリア磨き)

イタリアンスタッコ  『イタリアン・スタッコ』とは、イタリア周辺国で施工されている左官技法で、日本では『イタリア磨き』と呼ばれています。
 その昔イタリア国内では、西洋建築に欠かせない大理石が多く産出せず、大理石はとても高価な建材でした。その高価な大理石に安価な漆喰を使って表現した技法こそがイタリアン・スタッコ(イタリア磨き)なのです。
 このイタリアン・スタッコで施工した壁や柱があまりに美しく、それを聞きつけた周辺国の職人が技法を学び、広く伝わっていったそうです。
 材料は主に石灰、石の粉などを使い、大理石のような美しい模様と淡い光沢で仕上げるのが特徴です。
 磨き込んだ壁は、顔が映り込む程に美しく、カラーバリエーション、模様付けも多種多様で、意匠的に魅せる壁として商業建築などで多く見られます。

施工例

イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)

イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)

イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)イタリアンスタッコ(イタリア磨き)


このページの先頭へ
色見本